診療のご案内:睡眠時無呼吸症候群(SAS)

睡眠時無呼吸症候群(SAS)

こんな症状はないですか?

  • 寝てもスッキリしない
  • 熟睡感がない
  • いびきがひどい

睡眠時無呼吸症候群(SAS)は、眠っている間の呼吸が一時的止まる病気です。
10秒以上の呼吸停止を無呼吸とし、無呼吸が一晩の睡眠中(7時間)に30回以上、若しくは1時間あたり5回以上あれば、睡眠時無呼吸と考えます。
寝ている間の無呼吸に私たちはなかなか気付くことができないために、検査・治療を受けていない多くの潜在患者がいると推計されています。
この病気が深刻なのは、寝ている間に生じる無呼吸が、起きているときの私たちの活動に様々な影響を及ぼすこと。気付かないうちに日常生活に様々なリスクが生じる可能性があるのです。

昼間の眠気が強く、夜のいびきもひどい方は一度検査してみるのはいかがでしょう。
検査結果にて当院では経鼻的持続陽圧呼吸療法(CPAP療法)を行っております。
※当院ではマウスピースや手術治療は行っておりません

簡易検査
簡易型在宅無呼吸検査装置:小型の装置で睡眠時無呼吸症候群の検査が家庭でできます。指先と鼻と胸に簡単なセンサーをつけて,休んでいただきます。装置のつけ方などをクリニックで説明をいたします。装置は小さいので邪魔にならず,つけたままで十分寝ていただくことが出来ます。1~2泊分の検査が終了後は解析を行い,睡眠時無呼吸の診断,程度を検討します。この方法で,一定以上の無呼吸が確認された場合は,経鼻的持続陽圧呼吸療法(CPAP療法)をすすめていきます。
精密検査
簡易型の装置で十分診断がつかない場合には,精密検査を行います。(この場合は入院が必要になりますので,済生会奈良病院など検査可能な施設をご紹介します)。
これには睡眠ポリグラフィー(ポリソムノグラフィー:PSG)という検査を用います。
睡眠状態を見るために脳波,筋電図,眼球運動などを,呼吸状態を見るために,腹と胸にバンドを巻いて,それらの動きをみます。そして,パルスオキシメーターと呼ばれるセンサーをつけて,血液の酸素飽和度をみます。ポリソムノグラフィーの結果は,医師や専門の臨床検査技師によって解析されます。患者さんには,無呼吸数,睡眠状態などの結果を交え,睡眠時無呼吸であるかどうかどうか診断し,さらにそのタイプを検討することによって,最適な治療法が提案されます。
TOPへ戻る